交通アクセス


沖縄民医連の紹介

 1970年に最初の診療所「沖縄民主診療所」開設にはじまり、その後沖縄協同病院、その他の診療所も開設し、現在では沖縄県内でも有数の医療機関に発展しました。その原動力は、医療生協の約5万6千世帯の組合員さんや地域住民に支えられながら、県民の医療・福祉の要求を一緒になって充実させてきたことです。
 医療や福祉をめぐる社会の変化はますます大きくなっています。日進月歩を続ける医学医療のもとで、不況や失業などさまざまな社会保障制度の「改革」などで、病人が患者になれない、患者でありながら治療を中断しなければならない実態が広がっています。こうした変化の中で、われわれ沖縄民医連は、医師を中心に薬剤師や看護婦など医療従事者全体が、一緒になって「患者の立場に立つ」医療を常にめざしています。また優れた技術の向上や民主的な運営、また人権を保障するにふさわしい総合的な医療と社会保障制度の充実を目指して活動しています。現在、沖縄民医連は、2病院、5診療所、1老人保健施設、3保険薬局、1共同購入事業所が加盟し、約1000人の職員が働いています。



 2003年、全日本民医連の提起で、安心・安全の医療の確立に、私たちが民医連綱領の立場からどんな姿勢で応えるか追求し、各事業所ごとに「宣言」づくりを行ないました。



 我々のルーツは、戦後のアメリカによる軍事的植民地支配により、県民の人権は剥奪され健康と医療が無視された時代にあります。沖縄の医療は戦争で壊滅的な打撃を受け、さらに米軍占領下で放置されたままでした。本土では保険診療制が導入されても沖縄では自由診療制のまま、大半の県民は、病気になっても医者に診てもらうことが困難で、自力で医者に診てもらえた人でも治療費の為にほとんどの財産を失うという医療の状況でした。沖縄県民の立場にたった医療機関の設立を求める声は日増しに高くなり、全日本民医連の協力を得ながら1970年12月に沖縄民主診療所を設立しました。沖縄県民の医療を守る第一歩を踏み出しました。

【沖縄県民主医療機関連合会】 〒900-0024 沖縄県那覇市古波蔵4-10-53 健康企画ビル3F
TEL 098-833-3397  FAX 098-833-3398  E-mail(代表) miniren@nirai.ne.jp
Copyright(c)Okinawa Min-Iren.All rights researved.